消費者金融ランキング

消費者金融ランキング

 

消費者金融ランキングはなぜ?

お金を借りる時に、借りれる消費者金融を選ぶ必要があるのです。

 

消費者金融の各社により融資額や利息まで異なります。

 

自分の必要資金に適した消費者金融を知る必要があるからです。

 

借入金額を返済する期間や返済額の計画が重要だからです。

 

借り入れ出来る金額が上がって来ていますね。

 

キャッシング出来る場所が、とても増えていますので、ここで各社のキャッシングの特徴を書きたいと思います。

 

オリックス銀行は、即日融資が出来ます。

 

最低でも10万円からの借り入れで、最高800万円の借り入れが可能です。
金額が桁違いに上がっていますね。

 

アイフルは即日融資どころか、条件によっては最短30分での融資が可能としています。
もう一つの特徴は、最低借り入れ金額が、1万円からという低金額から借り入れすることが出来るのが、とても魅力的です。

 

ジャパンネットは、特に驚きの事実があります。
最短60分で借り入れ可能で、最低借り入れ金額は、10万円からなんと1000万円まで借り入れすることが出来ます。
さらに、その金利が他よりも断然安くて、2.5%から18%という一番の低金利での借り入れ可能になっています。
さらにさらに今なら、なんと3か月間利子を無利子にするということです。
一体、どこからこの自信がでてくるのでしょうか。

 

他に、面白いキャッシングが出来る所が、モビットローンです。
ここの審査は、最短10秒で借り入れ可能状態になるそうです。
実際に借り入れした訳でもないので分かりませんが、10秒というのは審査していないでしょう、凄すぎます。

 

みなさん、借り入れ過ぎには注意しましょうね。

 

 

子供の教育費用と自分たちの老後資金にお金がいる。

 

必要なお金は消費者金融で借りることもアリですね・・・

 

いったいいつから、こんなに子供の教育費にお金がいるようになったのでしょう。

 

我が家の二人の子供は、幼稚園こそ私立でしたが、あとは小・中・高・大の16年間、全て公立だったのにもかかわらず、今も大学の学費と生活費の工面に親は喘いでいます。

 

ちなみに子供は奨学金をもらっていますし、アルバイトもしています。

 

なので仕送り額は他の家庭に比べると多いとはいえないですが、それでも日々の生活を切り詰めないと、子供二人を県外の大学に行かせるのは大変です。

 

もちろん学資保険にも入っていました。

 

しかしそれでも足りないのです。

 

どうしても必要な急な出費には、借り入れする事もあります。

 

急な出費のお金を借りるのは消費者金融は確かに役立ちます。

 

たぶん、私のお金の管理の仕方が甘かったのでしょう。

 

また親の介護のため、私が働きに出ることができなかったので、それもお金が足りない原因のひとつかもしれません。

 

とにかく子供の学費と生活費にお金がいる、今はこのことで頭がいっぱいです。

 

真剣に宝くじでも当たらないかと願っています。

 

ただ、子供の教育費に関しては、あと数年この状況を凌げばケリがつきます。

 

しかしその後は自分たちの老後の資金が心配です。

 

子供に注ぎ込んだ分、自分たちの蓄えがない。

 

おそらく普通の会社員の夫の退職金なんて微々たるものでしょう。

 

年金だってアテにならない。

 

教育費用の次は老後資金にお金がいります。